よくある質問

Q.指導員はどんな感じですか?~教習所の選び方4~

p4.jpg

A.『教習所にはこわい先生がいる』と言われたのも昔の話。今はどの教習所でも、接客業であるという意識を持って取り組んでいるところがほとんどだと思います。せっかく免許を取るためにがんばっているのに、先生に緊張してしまったら落ち着いて教習などできません。

関西自動車学院では「笑顔」で「元気」に「褒める」教習をモットーに、間違いを指摘するだけでなく上手な部分を積極的に褒めることで自信を持っていただき、教習をリラックスして進められるよう全指導員が心がけています。

homeru.jpg

~指導員の選び方~「随時制」と「定時制」について

『○○自動車学校の△△先生に指導してもらう』これが「定時制」と呼ばれるもので「担当制」とも呼ばれます。決まった1人の指導員が教習を行うスタイルです。
逆に、どの指導員か決めずお客さまの教習したい時間に予約できる指導員が担当するスタイルを「随時制」と言います。ちなみに関西自動車学院は「随時制」を採用しています。

~定時制(担当制)のメリット~

・卒業まで教習を担当するので上達度が分かりやすい。
・同一指導員が教習を行うので説明が同じ言い回しで伝えることができる。
・同じ指導員なので信頼関係が構築しやすい。 など

 

~定時制(担当制)のデメリット~

・相性が合わない指導員でも卒業まで我慢しなければならない場合がある。
・指導員が教習スケジュールを決めるので人により進み具合が変わり、同じ日に入校 しても教習生によって卒業日が大きく変わる。
・個々の指導能力にバラつきがある場合がある。
・空いている指導員がいても担当外の生徒さんは教習を行えない。
・担当指導員が急病で休んだ場合(特に2月・3月)は代わりの指導員がいない為、大幅に教習が遅れる場合がある。 など


~随時制のメリット~

・卒業予定日を明確に示すことができる。
・毎回違う指導員なので指導員のレベルや指導方法が揃うよう意識して取り組んでいる。
・無駄な指導員の空き時間をなくし効率化を図ることで教習料金を安くでき、お客さま還元できる。
・指導員が急病などで休んでもすぐに他の指導員が教習できるので卒業日が延びることがない。 など

 

~随時制のデメリット~

・毎回、違う指導員なので慣れるまで生徒さんが緊張しやすい。
・指導方法や表現が指導員によって違ってとまどう場合がある。(当校では指導方法を統一する為の研修会を毎月行っています) など

関西自動車学院でも、以前は「定時制(担当制)」を採用していましたが、現在は「随時制」です。担当指導員の空いている時間にしか教習ができないよりも、お客さまの都合に合わせて教習できる指導員が教習させていただくほうがはるかに効率的で卒業も早く、お客さまにとって魅力があると気付いたからです。

もちろん、一度教習して合わないと感じた指導員がいた場合は遠慮なくお申し出ください。対応させていただきます!


教習所選びの参考になったでしょうか?

関西自動車学院では、指導員だけでなく事務職員も全員で明るく親切な接遇に取り組んでいます。ぜひ一度関西自動車学院をご検討ください^^普通自動車免許 現在実施中のプランはこちら☆

さらにもっと詳しく聞いてみたいことがある方は、お電話(087-845-2401)またはこちらよりお気軽にお問い合わせください^^